中古車査定 年式

中古車の査定ポイントにはいくつかありますが、その中でも結構重視されるのが、
「年式」です。

 

年式については、よく5年落ちとか10年落ちとかという言われ方をしますが
年式は当然ですが、新しい方が中古車の買い取り価格は高くなります。

 

じつはこの年式ですが、1年違うだけで価格が10万円は下がると言われるぐらい、
査定においては大きなポイントになってきます。

 

1年で10万円はかなり大きいですね。
確に誰でも中古車を買いにいくときは、必ず年式を確認しますから、
この1年の差は大きいわけです。

 

仮に平成17年12月登録の車と、平成18年1月登録の車を比較すると、
実際はその登録の時間差は1ヶ月しかないにもかかわらず、
査定価格は1年分違ってくることにもなるのです。

 

もし購入する立場なら、1ヶ月の違いで安く買えるなら、
平成17年12月登録の車を購入する方が良いに決まってますが、
あなたが売る側の立場なら、全く逆ってことですね。

 

ですから走行距離も大切ですが、
年式についても常に頭に入れながら、売るにしても買うにしても、
考えておく必要があるということですね。