不動車 事故車 査定

不動車や事故車の査定

劣化の激しい不動車や事故車の査定の査定をお考えの場合は事故車や動かない車だけを取り扱ってくれるような専門業者に頼んでみるのが正解です。
たとえば発売から10年以上経過し、長距離の走行が認められたもの、改造車や劣化の激しいもの、エンジンのかからない車や事故で大破したものは値段がつかないものが大半です。
買取業者によってはこうした事故車や動かない車だけを取り扱ってくれるところがあります。
ただ実際は、皆さんそのようになる前に当然買い替える方がほとんどだと思いますので、知識として覚えておいてください。

 

ところで車査定のサイトなどを利用して、車を売却したい業者を見つけたら、今度は、実際に車を業者に査定してもらうことになりますが、その際、揃えておくべき書類があります。車検証と自賠責保険証なのですが、所在はすぐに確認できるでしょうか。

 

査定の日時が決まって、そこからあわただしくしないで済むように、売却の時に必要になる自動車税の納税証明書類などと共に所在の確認をしておきます。
これらの書類の所在がどうしてもわからない、見つからない、なくしてしまったといった場合、再発行の手続きを行わなければなりませんし、
余裕を持って揃えておくようにしましょう。

 

仮に納税証明書を紛失した場合、これは車買取の際、必ず必要なものなので自動車税を納入した地の税事務所で再発行してください。

 

もしくは市役所や区役所での再発行の手続きが必要なのは軽自動車の時です。

 

もし紛失していればすぐに手続きを終わらせて、自動車買取の際には慌てずに出せるようにしてください。