事故車査定

事故車査定 決めるのはあなたではありません

事故車の買取価格は確かに大幅に下ることが多いです。でも・・・

 

事故車の買取価格は確かに大幅に下ることが多いです。でもその車は本当に事故車なの?
今回はそういうお話です。

 

あなたが起こした事故だったら、確かにあなたの車は事故車でしょう。
でもそう思っているのはあなただけで、あなたの車は事故車でない可能性もあるのです。

 

もちろん、事故車の査定価格が大きく下がるというのは、当たり前の話です。

「一度大きな事故を起こしたんだけど、ちゃんと修理して見た目はキレイですよ・・」
と言っても、それは通用しません。

 

残念ながら、事故車と言うレッテルが一度貼られると、
査定額のアップは期待できません。

 

ここまでは、まあ常識的な話ですね。
でも事故車と言っても、あきらめるのはまだ早いです!!

 

なぜ?

 

「日本自動車査定協会」というのがあり、そこでは事故車(修復歴車)の定義というのがありまして、
査定上の「事故車」について一定の基準を設けています。

 

その基準とは、「車の骨格部分に損傷・欠陥が無ければ事故車とみなされない」
ということなのです。

 

このことはどういうことなのかと言えば、もしあなたの車の事故による損傷部分が、
車の骨格部分の損傷や欠陥でなければ、つまりただ単にボディーに傷がついてるだけとか、
凹んでる、といったような、車の骨格部分に当たらないような場合であれば、
査定上は「事故車」に該当しないということになるのです。

 

もし覚えのある方、つまり事故やキズの経歴は最初にしっかり告げるようにしましょう。
あくまでも相手はプロの査定士です。ごまかしは通用しませんし、
逆に最初に告げたほうが、印象が良くなり、好結果が生まれる可能性が高いはずです。

 

マイカー査定はこちらから!!